2006/12/09

Photo is

サラリーマンの皆さん、冬のボーナスは炸裂しましたか?

先日ちょこっと書きましたが、年末の旅行に備えて
デジカメのニューマシン投入を決定しました。

価格.comでリサーチ後、ヤフオクにて最安ショップを見つけ出し落札。
市場価格よりも5千円以上安くゲットすることに成功しましたよ。
んで、今日無事到着。

ほい、こちら。
S5200front フジフィルムのFinePix S5200という機種。
一眼レフのような風貌ですが、レンズ・ボディ別体ではありません。
コンパクトと一眼の中間、みたいなもんでしょうか。
サイズも思ったよりコンパクトで手に馴染みますのこれが。
軽いしね。

S5200back ほい、後ろ。
決して大きくないモニターと、ファインダーでも被写体を狙えます。
何だか色んな機能が付いてますがよく分かりません。
撮影モードをダイヤルで簡単に選べるのはウレシイのですが
そのモード自体、どんなのがあるのやら。説明書読まないと。
まぁ、おいおいだな。

私の現行機オリンパスX-600と、ニューマシンS5200のスペックを比較してみると。

画素数: 500万 → 512万
ズーム: 光学3倍 → 光学10倍
高感度撮影: 出来ぬ → やります
手ブレ防止: 気合 → やってくれます

画素数こそ最近にしては低い部類ですが、私のような素人にはこれくらいで充分。
何よりもズーム倍率と高感度撮影がウレシイです。
そしてシャッタースピードや露出、ISO感度もアジャスト出来るってのが
コンパクトデジカメとは一味違うところです。

これでF-1や室内イベント(モーターショー、オートサロン…etc)にもバギッと対応。
もちろん香港の夜景やマカオの街並みだってイチコロ確実です。
ラピュタだってパズーの親父より上手に撮ってみせます。

現行機にもポケットに入るフットワークの軽さという利点があるんで
これからは臨機応変に使い分けしてラピュタを探したいと思います。

40秒で仕度しなきゃ。

今日の一曲:Mystical Machinegun/Kula Shaker

| | コメント (0) | トラックバック (3)