« フジ!フジ!フジ! | トップページ | F-1日本GP観戦記~FP1編 »

2007/10/03

F-1日本GP観戦記~地獄絵図編

富士スピードウェイから「生還」しました。

先生が見た行列は神々しいものでしたが、
私達F-1ファンが体験した行列は地獄でした。
レースやサーキットに問題があったわけではありません。
主催者の低質な運営が問題でした。

今回の日本GPは「チケット&ライド」というシステムを採用しました。
簡単に言うと、主催者が手配したシャトルバス以外での入退場禁止。
自家用車、徒歩、チャリンコ、舞空術等での入退場は出来ません。
よって電車組&車組計10万人以上は、それぞれ最寄駅・特設駐車場と
サーキットの往復をシャトルバスに限定されます(所要時間30~60分ほど)。

このシステムが見事に破綻しました。

すでに方々のメディアでご存知の方も多いことでしょう。
ホントはレースのレポを書きたいところなんですが、
まずこれを書かずにはいられませんのです。

Buspool1 問題のバス乗り場です。
ここは東富士A、東富士B、山中湖という3ヶ所の
駐車場行きのバス停です。行列は写真奥で折り返して
上のガードレールの道~チケットゲート近くまで…
これだけの人が待っているのにも関わらず、
搭乗スタンバイのバスは画面中央の1台だけ。
このバスが出発すると、次のバスなんて
いつ来るかも分かりません。

Buspool2_2 上の写真はこう続きます。
ところで客の列を誘導する係員、見つけられますか?
係員は客が搭乗中のバスにせいぜい一人か二人。
この列を整理する人員なんていません。
だから、どの列に並べばどの駐車場に行けるのかも
分かりません。どこが最後尾かも分かりません。
ただ、冷たい雨の中で何の説明も無しに立ってるだけ。

いや、最初は列整理の係員もいたんですよ。
行列の最後尾には行き先のプラカードを持った係員もいました。
でも一向に進まない行列、待てども待てどもバスが来ない状況について
説明を求める客の対応がこなせず、終いには怒った客にぶん殴られて
アッサリと職場放棄。気づけばほとんどの係員が逃げ出していました。

列の最後尾を示すプラカードは芝生に投げ捨てられていました。
後の話では客の有志がそのプラカードを拾って列を整理していたとか…

Buspool3 バスが足りなかった?
そうでもないようです。このように大量のバスが
行列にぐるりと囲まれて待機しています。
なんで目の前にバスがあるのに乗れないのか。
客は生殺しです。
みんなドロドロの土の上で座ることも出来ず、
苛立ちが募ってまさに一触即発の空気。
トイレすら行けない。トイレ数が笑っちゃうくらい少ないもんで、
男ですらトイレ待ちの列に並んだら軽く1時間待ち…
体調を崩す方も出て、幾度と無く救急車のサイレンを聞きました。
客と係員の小競り合いで警察まで出動してきました。

土曜日夜、3時間待ったバスでサーキットを出たとき、
待機バスが全然動かない理由が分かりました。

シャトルバスが渋滞してました。
サーキットゲートの幅が狭くてバスがすれ違えないため、
交互通行としていたのです。客を送り届けて戻ってきたバスが
サーキットに入れずに渋滞。どうも運行順が決まっているらしく、
歯車が一つ止まればみんな停滞、という始末。
あんなにバスが並ぶ光景は初めて見ました。

それに追い討ちをかけるように一般道を避けるために準備した
自衛隊敷地内の専用道路(戦車道&砂利道)が雨とバスの重さで陥没、
輸送は一時完全にストップしました。
さらに、ぬかるみでスタックして40分も立往生するバスも。

自家用車の渋滞を回避するために採用したシャトルバスシステムなのに、
そのシャトルバスが渋滞しているようでは話になりません。

これらは「初開催だから」で済まされる問題ではないと思います。
興行として失格です。学園祭じゃないんだから。
「死角Cスタンド払戻し問題」にしても、事前確認で回避できたのでは。
リスクマネジメントがあまりに低レベルです。

こんなことがしたくて鈴鹿から開催権を奪ったのですか?
あの場にいたF-1ファンはみんなそう思っています。
鈴鹿からの帰り道では、こんなに惨めな気持ちになったことはありません。

バス以外選択肢が無いのに、それが渋滞してレーススタートに間に合わない。
帰りのバスに乗るために決勝レースのチェッカーも見ずに乗り場に向かう。
状況も把握出来ずに4~5時間も雨と泥にまみれて真っ暗な山奥で立ち尽くす。
こんなのレース観戦じゃありません。

「F-1開催」の肩書きのみが目当ての観客をないがしろにしたオーガナイズ。
応援フラッグは禁止とアナウンスしながら、自社の応援席には特大のフラッグ。

結局、自己満足ってやつですか。

こんな企業はモータースポーツに必要ない。
愛情が無いなら早くF-1から撤退して鈴鹿にグランプリを戻してください。

今日の一曲:Back off bitch/Guns N' Roses

|

« フジ!フジ!フジ! | トップページ | F-1日本GP観戦記~FP1編 »

コメント

最早、怒りを通り越して呆れるばかりです。 
ニュースを見て心配はしていましたが、 
現状はこんなに酷かったんですね。 
 
実際にその場に居ない私でさえも、 
この記事を拝読し込み上げて来る感情と共に、 
目に涙が浮かびました。 
 
FSWの親会社は随分と世間知らずですね。 
お話になりませんよ。 
 
現場の生の声、ありがとう。 
 

投稿: WHEEL | 2007/10/03 22:11

レポート、読ませていただきました。
この写真がすべてを物語っております。
たいへんでした・・

運営企業の傲慢さ、無計画ぶりを見ました

投稿: 通りすがり | 2007/10/04 17:22

TOYOTAさん、変ですよ?

投稿: 山井賀 | 2007/10/04 19:20

>WHEEL先生
 F-1観戦に混雑はつきものです。
 鈴鹿だってめちゃめちゃ混むし並ぶし。
 でも主催者が客と一緒に祭を盛り上げようとする
 雰囲気で満ちていたのですよ。
 富士にはそれが一切無い。一般客の扱いは家畜同然。
 400円のコーヒーを飲んで、1000円のやきそばを食えと。
 体調悪くても定時の18:00に救護所を閉めるから出てけ。
 社員のツアーバスとVIPの車を通すために一般客の
 バスはゲート前で30分止まってろと。
 鈴鹿が20年かけて積み上げてきたものを
 冷徹に踏みにじられたことが何よりも悔しい。

>通りすがりさん
 コメントありがとうございます。
 少しでもこの惨状を理解頂ければ幸いです。
 バス乗り場は写真の他にもう2ヶ所あり、
 言うまでもなくどこも同じ状態でした…
 東ゲート側で私がようやくバスに乗り、
 西ゲート前を通過する際、冷たい暗闇でうごめく
 無数の人影が見えました。
 バスに乗ってあれほどの後ろめたさを
 感じたのは初めてでした…

>山井賀さん
 コメントありがとうございます。
 誰しも富士開催への多少の不安はあっても、
 ここまで酷いとは想像もしてなかったと思います。
 あのトヨタが、後出しじゃんけんで負けるはずがない。
 そう思って雨の中富士に出向いたファンを
 あっさり裏切った罪は重いです。一生忘れません。

投稿: selespeeder | 2007/10/04 22:31

People deserve wealthy life time and loan or just student loan can make it better. Just because people's freedom is grounded on money state.

投稿: Carol19Church | 2012/06/01 15:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F-1日本GP観戦記~地獄絵図編:

« フジ!フジ!フジ! | トップページ | F-1日本GP観戦記~FP1編 »