2010/03/10

quick silver ~freestyle ski in inawashiro 1

バンクーバーは行けなかったけど、福島なら余裕だぜ!

ということで行ってきました。
モーグルワールドカップ猪苗代大会。

ワールドカップ。

いい響きだ~。

とうほぐでも世界大会が観れらったで。

釣り人のように早起きして望んだ土曜日。
会場に到着!さぁ観るぞ!

Cs

なんも見えねーーーー!!!!

霧。きり。キリ。kiri。

この日はあいにくの雨でして。
寒いわ見えねーわで、結局公式練習だけでレースはキャンセル、日曜に延期に。

うぉー!金返せぇーー!(ちゃんと返ってきますた)

んでも「お客さんに申し訳ない」と、日本チームの選手達がデモランをしてくれました。

滑りの写真は霧で不発。。。
せめてゴールエリアに集合した選手達の表情を紹介したい!ということで、
以下、見苦しい写真を↓

Alljpn ずらりと並んだ全日本チーム。
オリンピックプレイヤーも勢ぞろい。

Ldrs 日本のフリースタイルスキー界を牽引してきた二人。
里谷姐さんと上村愛子さん。
この二人を抜きに日本のモーグル競技は語れないですな。

Ynggns 一方こちらは次世代を担うヤングガンズ。

左から遠藤尚、村田愛里咲、伊藤みき、のバンクーバー出場トリオ。
頼もしい若手が育ってきてます。

村田愛里咲がちっこくてカワイイ。

当初の予定では土曜だけ観て帰る予定だったんですが、
公式練習でトップスキーヤー達がばっこんばっこんエアーを決めるのを見たら…

日曜参戦決定~。

ということで、ちゃんとレースの写真もありまっせ。
今回はちょこっとだけ紹介。

Itomiki 伊藤みき選手。

オリンピックでも感じたけど、この人はほんとノビノビと滑ります。
滑り終わったあとに見せる、達成感に溢れた笑顔もまたよろし。

Ars1 村田愛里咲ちゃん。
レイアウトのバックフリップ。なんともエアーがキレイですな。

ちっこくてカワイイんだよ。

今回の結果はイマイチだったけど、この二人の4年後が楽しみです。

さぁさぁ、次回はワールドカップトップランカー達の滑りをお見舞いしますぜ。

今日の一曲:power to the people/John Lennon

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/03/01

days at the races

20100301_1392sportsreuview000

いやぁ。

終わっちゃいましたね、オリンピック。

はぁーん。

はぁぁーん。

…抜け殻状態。

夏のオリンピックは全く興味がなくて、「ウサイン・ボルト?なにそれ電圧?」
ってな調子のくせに、なぜか冬は毎回燃えるんだよなぁ。

しかし閉会式もすごかったですなぁ。
アヴリルにアラニスにニール・ヤングまで登場しちゃって。
あーゆう演出させたら、欧米にはかなわんなー。
日本だったら誰を出そうかね。アリスとアルフィー?合算年齢でしか勝てんわ。

それはともかく、やっぱりオリンピックはいいですなー。
4年間、あるいはそれ以上の時間ずっと積み上げてきたものの集大成の場。
TVを通してでも選手達の思いがびんびん伝わるから、こりゃたまんねーぜぇ。

今回もたくさんの印象に残るシーンが見られました。

上村愛子の涙に始まり、今回の個人的MVPのジュリア・マンキューソ姉さん、
惜しいところで金メダルを逃したコステリッチ(ヤニカの兄貴だと!)とか、
スタート10秒で涙を飲んだ皆川夫…

あー、パーションはメダル獲得数最多タイになったし、ボンは大会前に足を怪我して
大会中には指を骨折しちゃうし、クロカンは男女共にゴール前の大激戦。
最近の長距離クロカンって、スキー交換ピットインがあるんですな。あれオモロイ。

…スキーばっかりだな。

スケートもすごかったね。なんせ日本のメダルは全部スケートだもんね。
カッコよすぎる38才 岡崎姉さんのストイックさ、小平ちゃんのカワイさ、
高木ちゃんのモノマネしたくなるような話し方…いや、ちゃんと競技も見ますたよ。

庭師イチオシのカーリング娘。もがんばったね。
あのスキップの子、賢くてステキですな。
ソチでは小野寺・林(どっちも旧姓?)のトリノメンバー復帰にも期待!

今回のオリンピックを見てて思ったけど、
冬の競技もワールドカップや世界選手権をTV中継してくれー!
妹コステリッチの引退とか、「アナザー」ツルブリッケンの存在を知らなかったぞ!

とりあえず、この喪失感に負けないように猪苗代のモーグルWCを楽しみに。
それが終わったらF1のバーレーンGPを楽しみに…

ソチまで4年…見るほうにとっても長いっす。

ん?夏は2年後にあるじゃないかって?

次どこ?東京?

今日の一曲:these are the days of our lives/Queen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/22

gives you more wings

いやぁ、いいねー冬のオリンピックは。

なにぃ?フィギュアぁ?

ぬるい!やっぱりアルペンでしょー。

子供のころはツルブリッケンに憧れて、
家の前の雪山でジャンピングスタートのまねっこして遊んだよねー。
みんなやってたよねー。ねー。

…ツルブリッケンもマイヤーもいなくなったけど、
カッコイイ選手はいつの時代にも ちゃんといるもんですな。

Jm3 クラウチングを決めるジュリア・マンキューソさん from メリケン。

女子ダウンヒルの銀メダリスト。

今回の女子ダウンヒルは、コース設定がめちゃめちゃシビアだったらしく、
コースアウト続出、クラッシュ続出。ビビって減速しちゃう選手も続出。

そんな中、マンキューソ女史はとにかくアグレッシブに攻める攻める。
もうね、気合と根性の塊が板に乗って滑り落ちていく感じ。

「なんつータフな女だ」

雪が固くしまったコースでスキーが流されそうになっても
足をオリャあ!と言わんばかりに引きつけて曲がるマンキューソ先生。

速い、力強い。

迫力の滑りに圧倒されてるうちにあっという間にゴール。
気合の入りまくった表情でタイムボードを見上げるマンキューソ親分。

トップだ!

すわ、このダイハード姐さんならスキーでもへし折りかねんぞ…と思ったら。

Jm1

パタン。

足ばたばたばた…

Jm2

よろこびを爆発させるマンちゃん。

Jm4_2 「トップ?!マジで?!」

はしゃぎまくって、もはや立ち上がれません。

これか…

「ギャップにやられる」とはこのことだったのかーーーー!!!

クリリンのことかーーー!!!(←言いたかっただけ)

残念ながら金メダルは同じメリケンのエース、リンゼイ・ボンさんに譲りましたが、
私はマンキューソキャプテソに惜しみない拍手ときりたんぽセットをぜひ送りたい。
あれほどレースに集中できて、あれほど素直に感情を表せるって素晴らしい。

では、最後に表彰台で変なクネクネダンスを踊るマン坊で、さようならー。

Jm5

今日の一曲:draw the line/Aerosmith

追記)
アップしてから気付いたけど、ゼッケンがバラバラ…
スーパー複合とダウンヒルの写真がまぜこぜになっちょるようです。スミマセヌ…
つーか一枚はリンゼイ・ボンだしw
どーりでスキーの裏にロシニョールのマークがねぇな、と思ったら。
重ね重ねスミマセヌ… まぁ雰囲気だけでも感じ取ってくだされ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«gives you wings